スタッフ紹介

石川 麗子 所長 緩和ケア認定看護師

isukia_0510-2933

緩和ケア・ホスピス病棟で培ってきた専門的な看護を家庭で提供いたします。

長年に渡り、高齢者やがんの患者さん、看取りの看護にたずさわってきました。身体と心がほぐれるようなマッサージなども取りいれ、心身が安らぎを得られるようなケアを心がけます。          

伊藤秀子 看護師

ひでこ

アメリカでの看護経験があり、英語で看護もできます。

20年以上に及ぶ幅広い経験と知識を兼ね備えて、ご利用者様へwhole(全体)で捉えたケアを提供いたします。食はいのちと捉え、身体の滋養となる食事指導も行っていきます。            

小坂真理子 看護師

小坂

病気や障害を抱えての暮らしの中で、ご本人、ご家族のお気持ちを考え、安心感を持っていただけるように、あたたかい手のある看護を提供します。

総合病院の消化器内科・血液内科で8年勤務した後、看護学科で学生の実習サポートと、統合医療のクリニック勤務を経験しています。ホリスティックなケアを提供したく、英国IFA認定アロマセラピストの資格を取得しています。またNST専門療法士(栄養サポートチーム専門療法士)でもあり、食のことに関しても、看護の中に大切に取り入れていきたいと思っています。 やさしいあたたかい手で寄り添う看護を目指しています。    

小見明子 看護師

小見

NVC(非暴力コミュニケーション)の持つ共感のエネルギーをお届けします。

これまでに外科・緩和ケア病棟・特別養護老人ホームなどで働いてきました。在宅療養をされている方の辛さが少しでも癒され、生活しやすくなるようケアいたします。最近はNVC を学んでおります。共感されるエネルギーの素晴らしさや、共感され癒されるスペースを皆さんにお届けできるように頑張ります。          

近藤 早紀 看護師

図5

生れ育った目黒区で皆さまに寄り添うケアをいたします。

大学病院の循環器科を中心に5年勤務した後、目黒区と渋谷区で計3年訪問看護の仕事にたずさわってきました。その間育児で長い間お休みもしており、1年前から本格的に仕事に復帰しました。          

佐伯 始美 看護師

図4

患者様やご家族との出会いを大切にし、サポートさせていただきます。

看護師の前職は、ガーデニングやお花のアレンジメントをしていました。花と人とのつながりを大切にしている中で、看護の仕事をしようと想いたち看護師となりました。消化器内科と整形外科での病院勤務を経験を活かし、家で暮らす日常生活を含めたその人を看る訪問看護をしたいと願っています。  

浅海 くるみ 看護師

asaumi

ご利用者さまとご家族が住み慣れた自宅で、安心・安楽に、そして「笑顔で」暮らしていけるよう、心をこめてサポートします。

大学病院での勤務、大学院への進学、看護学部の教員を経て、訪問看護師としての一歩を踏み出すべく、街のイスキアのメンバーに加わりました。

       

大越 由貴 作業療法士

大越

ご利用者さんの一人ひとりの伴走者となり、心からのふれあいを大切にいたします。

筋力訓練や関節可動域訓練は大事です。でも、まずは体がリラックスして楽に呼吸ができることをサポートし、心身共に安楽な状態で体が動きやすいようにお手伝います。            

佐藤 亜希子 理学療法士

8220504466269

ご利用者さまのごとを減らし、「楽な暮らし」へ繋がれるようお手伝いします。

街のイスキアには、郷里である青森県弘前市で活躍された佐藤初女さんのご縁から名前と理念に惹かれました。これまでに救急総合病院、介護保険老人施設の勤務を経て、訪問事業所に就労しています。リハビリセラピストとして運動訓練はもちろんのこと、ご利用者様やご家族の不安を伺い気持ちを受け止め、リハビリ以外のことであれば速やかに他職種と連携、相談をして、皆様の「在宅」の暮らしを支援していきます。

福井 和恵 精神保健福祉士・社会福祉士

図3

心と身体と人とのつながりの専門家。自らも親兄弟の介護中です。

精神科クリニック勤務を経て、福祉課や保健所で、人生に起こる様々な悩みごとに対応してきました。身体の痛みを軽くし、眠りを誘う呼吸法やイメージ療法などを取り入れ ながらケアにあたります。