街のイスキア 祝!2周年パーティーを行いました!

 クリニックの先生、ケアマネージャーさんをはじめ、葬儀社さん、編集者さん・・・・お忙しいなか、しかも雨がひどい中来ていただき、心より感謝しています。

  イスキアの名前を頂いた佐藤初女さんを20年追いかけている編集者さんは、「初女先生は、なにかあると雨を降らせるんですよね。恵みの雨ですね。先生がお祝いしてくれているんですね」と言ってくださいました。雨が降るということがこの一言で、“お祝いの日にひどい雨”といった解釈が、”天の恵み”に変わりました。

 24時間365日の訪問をしていくと決めても、続けていくのは本当に大変なことがあります。歌い、踊り?美味しいものを食べながら仲間と乗り越えてきたこの2年間でした。集合写真松尾先生3

 

 この日は、またウクレレ部隊が演奏をさせてもらい、つたない演奏でも喜んでいただきました。

演奏した童謡『手のひらを太陽に』の歌にあるように

「僕らはみんな 生きている

 生きているから 歌うんだ

 僕らはみんな 生きている

 生きているから かなしいんだ」 ukurerereiko

 生きているから、嬉しいことも悲しいこともあります。生きているからこそ、みんなで分かちあうことができます。日々、命にふれる仕事をさせていただき、ありがたさを感じています。

 引き続き、街のイスキアの応援をなにとぞよろしくお願いいたします!